親戚の失踪を子供の立場から見ると迷惑でしかない

以前私が高校生の時に、義父が失踪しました。失踪の前日に母と少し言い合いになったそうです。その後2日から3日たっても帰らず、音信不通になりました。1週間たっても状況は変わらず。母は毎日朝から夕方まで働いていたので、なかなか探しに行く時間もなく。なんとか時間を作り、以前義父が住んでいた室蘭まで日帰りで行きました。まったく見つからず、毎週のように室蘭へ行きました。室蘭のあちこち車で探したりもしましたが、状況は変わりませんでした。その間母も働きづめ、東京の大学に通う姉の学費などもありまた、障害をもった弟もいたのでとても大変だったと思います。私は部活に入らず母の経営するコンビニで毎日ただ働きをしていました。短大になっても帰ってこず、変わらず私はただ働き。学費の分のと母は違う仕事もしていましたので人手不足のところを穴埋めしていました。

 

なんの進展もなく7年くらいたちました。母は必ず帰ると信じていました。私と姉は状況が変わらないことに半分あきらめ、どこかで生きていてくれればいいなと思っていました。しかし実際は義父の話はあまりしませんでした。ただ今できることをやっていました。自分の母のお店だから手伝って当たり前だと当初は思っていましたが、今考えると頑張ったとも思います。今は義父はみつかりましたが、帰ってきたときは正直どう接したらよいか戸惑いもありました。多少ギクシャクはしましたが生活を共にしました。