死亡報告なし葬儀もなし、どこかで生きてるのか

失踪後の対応、死亡してなければ音沙汰なし

私の身の回りで起きた失踪事件の話です。失踪したのは主人の伯父にあたる方で私は一度もお会いしたことはないですし、主人も大人になってからは頻繁に会うこともなくなっていたそうです。

 

伯父は義母の年の離れた兄になりますが、お金に困っていたわけでもなく何か問題が起きていたわけでもないようです。伯父の妻になる伯母は失踪当時も今も元気にしており、子どもや孫に囲まれた一般的な家庭の中で失踪は起きたみたいです。後から理由として思い当たったのは、伯父の体調が悪く体が痛いといつも不調を訴えるようになっていたので痛みに耐えられなくなり生きることに疲れていたのではないかということのようです。

 

ある日、遠い県外に住む伯父の弟(義母の兄)に会いに行くと車で家を出たきり消息不明となりました。

 

当時はどこかで事故にあったのか、事件に巻き込まれたのか、失踪したのかなどいろいろと意見が出たようですが、義母たちきょうだい達が集まって方々調べに出かけていたのを覚えています。私達夫婦はそこまで近い存在ではなかったのでたまに報告を聞く程度の立場でしたが、義母の親族周りがバタバタとしていたのが印象的でした。

 

消息不明になって数年が経ちますが、今も死亡報告などがないようなので葬儀もしていないはずです。ただ、その話に関しては親戚内でも話さないのが暗黙のルールのような感じです。誰も失踪した本当の理由も状況も分からないのですが、意外と身近に失踪事件が起こったことに今でも驚きを感じています。